ライブゲームがないなら違法性は気にならない

ライブゲームは危険?

判断をすることが難しい要因の1つが、本当のオンラインカジノのサービスを行っているか気づけないところにあり、監視している人がそれらの情報がわからないので放置しているようなこともあります。気づかれなければ違法にならないこともあり、結局オンラインカジノは逮捕されることのない合法に近いものと思われています。特にライブゲームを使わず、通常のゲームだけをしている時に起こりやすいものです。

ライブゲームは危険度が上昇する

なぜライブゲームが危険と判断されてしまうのか、これはディーラーが日本人だと分かってしまえばおかしいと思えるからです。警察としても海外の人がライブゲームの運営をしていると思えば、行っているのは海外のユーザーであり、ライセンスもあるからほぼ問題はないと思えます。しかし日本人が行っていることを見てしまえば、このオンラインカジノは危ないと思って調査をするようになります。これがユーザーにも波及して違法なサービスを使ったと認識され、逮捕される要因になります。
監視されやすいことと、同時にプレイしている人を見つけることが出来るのも違法で取られやすい要因になっています。普通のゲームをプレイしている時は、行っている人が何人いるかわからないので、結果的に気づかれるようなこともありません。しかしオンラインカジノの名物となりつつあるライブゲームだけは、行っているユーザーを認識することが出来るので違法として取られやすいのです。

普通のゲームだけをしているなら気づかれることはほぼない

現行犯で行なっていない限り、警察は賭博罪を適応することが出来ないこと、そして提供している側とプレイしている側の両方を一括で取り押さえないと適応できないなどの理由もあることから、違法扱いにして逮捕できない部分もあります
普通のゲームをプレイしている場合は、行っていることが現行犯でなければ逮捕されることはありませんし、仮に行なっていたとしてもお金をかけた形跡がない場合、ただ無料ゲームを利用しているだけなら逮捕できません。大事なのは賭博をしていることが認められるような状況です。
ゲームをプレイしているだけで逮捕されることはほとんど無く、オンラインカジノを利用している場合はスロットやルーレットのゲームに限って行うのもいい方法です。これならリスクを最小限に軽減して、違法とされているオンラインカジノを避けながらプレイできる可能性を持っています。