一度でも勝てば利益を出せるマーチンゲール法の賭け方や計算式

数多くあるオンラインカジノの攻略法の中で、最も世界的に有名で古くから知られているのがマーチンゲール法であり、簡単な計算で誰もが気軽に実践することができます。
初めてオンラインカジノで遊ぶ初心者でも、マーチンゲール法でしたら全く問題なく攻略可能ですので、確実な利益を出したい方におすすめです。

そこで今回の記事では、一度でも勝てば利益を出せるマーチンゲール法の賭け方や計算式などまとめと題して、マーチンゲール法のやり方を詳しくご紹介していきます。
計算が苦手な方でも今すぐ実践できますので、是非チャレンジしてみてください。

マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法の賭け方
マーチンゲール法とは、連敗が続いたとしても、たった一度の勝利で全額を取り戻し、さらに利益も確保できる攻略法のことです。
つまり理論上ではマーチンゲール法を使うことで必ず勝てる攻略法であり、オンラインカジノなどのギャンブルだけではなく、一部の投資にも有効とされています。
マーチンゲール法の賭け方はとっても簡単で、「負けた時のベット金額×2=次ゲームのベット金額」という計算です。
負けたら倍プッシュを続け、勝った時点でマーチンゲール法の成功となり1セットが終わり、再び最初のベット金額に戻します。
マーチンゲール法が有効なのは勝率約50%で配当2倍のゲームで、ルーレットの赤黒や奇数偶数、大小・バカラ・ブラックジャックとなります。
難しい計算式を覚える必要が無いため、これまでに一度も攻略法を使ったことが無い初心者の方でも、簡単に実践できるのがマーチンゲール法のメリットです。

ルーレットでマーチンゲール法を実践した時の計算例

ルーレットでマーチンゲール法を実践した時の計算例
ルーレットの赤黒どちらかにベットし続けることを前提として、実際にマーチンゲール法を実践した時の計算例をご紹介します。

1ゲーム目、まずは赤に1ドルをベットし残念ながら負けてしまったとします。
この時点で-1ドルですので、これを取り戻し、なおかつ利益を出すためには、次ゲームで倍の2ドルをベットする必要があります。

2ゲーム目も再び予想が外れ、-3ドルとなったため、次ゲームでは4ドルをベットします。
黒にベットした3ゲーム目、ついに予想が的中し、2倍の8ドルが戻ってきました。

3ゲーム目までに使った金額は合計7ドルですので、1ドルの利益が出ました。
このように、連敗が続いたとしても、初回ゲームでベットした金額分が利益となりますので、一攫千金は狙えませんが、確実に勝てることがわかると思います。

連敗確率から見るマーチンゲール法の損切りタイミング

オンラインカジノに限らず、世の中にある全てのギャンブルにおいて、最も大切なのが損切りであり、損失を確定させる覚悟は絶対に必要です。

マーチンゲール法は確かに理論上には100%勝てる攻略法ではありますが、負ける可能性のある要素が2つあります。
それが「連敗が続いた時の資金ショート」「ベットリミットに到達」です。
倍プッシュをする以上、ベット金額はどんどん上乗せされていきますので、資金ショートする可能性は十分にありますし、ゲームに賭けれる最大ベット金額であるベットリミットを超えてしまっても、その時点でマーチンゲール法の失敗となります。
つまりこれら2つのうち、どちらか1つでも当てはまることで、かなりの損失を生じてしまっているということです。
そのためにも損切りタイミングが非常に重要で、連敗する確率から損切りする目安を事前に決めておきましょう。

ゲームに負ける確率は常に50%ですが、2連敗は25%、3連敗で12.5%、4連敗で6.25%…のように減っていき、7連敗で1%を下回る0.781%となります。
このことから、理論上は約100回に1回しか7連敗することはありませんので、7ゲーム目に負けた時がベストな損切りタイミングだと言えます。

ただしあくまでも確率論であり、毎ゲーム50%で負けか勝ちのどちらかに転ぶという事実を忘れてはいけません。
しかしズルズルと負けが続くことで取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性もあることから、「7連敗したら運が悪かったということで損切りする」などと、マイルールを必ず決めておくことが大切です。
連敗確率から見るマーチンゲール法の損切りタイミング

まとめ

今回は、一度でも勝てば利益を出せるマーチンゲール法の賭け方や計算式などについてまとめてみましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
マーチンゲール法は、「負ければ倍プッシュ」というとっても簡単な攻略法ですので、オンラインカジノを初めてプレイされる方でも、全く問題なく実践することができます。

たった一度でも勝った時点で利益が確定するのですから、これ以上理想的な攻略法はありません。
しかし勝つ確率は常に約50%であり、相当運が悪ければ、5連敗10連敗、15連敗と確率を無視した展開に陥ってしまう可能性も十分に考えられます。

また「連敗が続いた時の資金ショート」「ベットリミットに到達」によって、強制的に損失が確定してしまうこともあります。
このことから、マーチンゲール法を実践する際には、必ず損切りタイミングを決めておき、損失を最小限に抑えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。